ピースサイクル地域ネットワークからのお知らせ
<< 2014埼玉ピースサイクル | main | 六ヶ所ピースサイクルin東海村行動 >>
ピースサイクル2014 (常磐線ルート)にご参加ください!
 6月23日の沖縄県慰霊の日前から沖縄ピースサイクルがスタート、8月25日の六ヶ所ピースサイクル終了まで2ヶ月間、脱原発・再生可能なエネルギー社会に!沖縄の普天間基地の無条件返還、辺野古への新基地、高江のヘリパットはいらない!解釈改憲による「集団的自衛権の行使」は認めない!等々を訴えながら、自転車で全国をリレーするピースサイクル2014が行なわれます。
 「3・11」から3年余、東日本を襲った大震災と福島第一原発による原発大事故によって、原発の「安全神話」は崩壊しました。ところが安倍政権は、今年4月11日、再稼働、新設建設、原発輸出、核兵器をめざした核燃料サイクルの推進を謳う「エネルギー基本計画」を閣議決定しました。「新安全宣言」です。私たちは、放射能汚染のホットスポット地域の体験から、政府や電力会社のごまかしを許すことが出来ません。
 今年のピースサイクル常磐線ルートは、24年目を迎えます。8つの自治体訪問や住民運動との交流の旅に参加してみませんか!

●お近くの自治体訪問で放射能・エネルギー政策を問いましょう!
自治体訪問は、8つの自治体(野田、流山、柏、松戸、我孫子、印西、白井、鎌ヶ谷)を訪問します。その際の質問事項は、以下の7点です。訪問時間は裏面に!お住いの自治体にご参加を!
1.『除染実施計画』実施の中で明らかになった課題は何か8000㏃以上の指定廃棄物対策は。
2.「子どもの健康被害」が危惧される中、内部被ばく対策の取り組みは。「原発事故子ども・被災者支援法」の地域指定を求めた行動は。
3.地震大国の中で、原発の再稼動に対する考えは。
4.再生可能な自然エネルギー等「エネルギーの地産地消」の取り組みは。公共施設の電力に新電力(PPS)や節電のLED化の取り組みは。
5.原発大災害の防災計画は検討されているか。
6.「脱原発をめざす首長会議」への参加を検討されているか。
7.安倍政権の「集団的自衛権の行使」の動きをどう判断しているか。

 

ピースサイクル2014千葉ネットワーク(常磐線ルート)
連絡先:
・柴田(090-4068-3792)・小西(090-8503-2414)
・土屋(090-3478-5679)・吉野(090-4606-9634)
Posted by : peace-cycle | PC千葉 | 23:51 | comments(0) | -
コメント









TOP