ピースサイクル地域ネットワークからのお知らせ
<< ​台湾ピースサイクル参加者募集! | main | 2014三多摩ピースサイクル >>
2014長野ピースサイクル
 想いをつないで…     
「2014長野ピースサイクル」
参加者・賛同人・ピースメッセージ大募集!

 平和への“想いをつなげよう”と1991年から始まった「長野ピースサイクル」もおかげさまで24年目を迎えます。この間、とても多くの方々のご参加、ご支援をいただき支えられてきました。本当にありがとうございます。
須坂市「市民エネルギー研究所」にて
須坂市「市民エネルギー研究所」にて激励とピースメッセージをいただきました。

 いま日本は大きな岐路に立たされています。安倍首相は、戦争放棄を謳った憲法9条の改憲が難しいとみるや、改正手続きを定めた96条の変更へ方向転換したものの、立憲主義を無視した発言に改憲推進派の憲法学者からも反対され断念。次は戦後一貫して認められて来なかった憲法9条の戦争放棄と相反する“他国の戦争を買って出る”集団的自衛権の行使を閣議決定だけで容認しようとしています。

飯綱町では、大学生で参加したOGが家族と一緒に応援に駆け付けてくれました。

 日本を襲った東日本大震災と原発災害は3年以上経った現在でも被災地の復興も思う様に進まず、原発事故においては現場の状況すら把握できず、政府の言う「収束」には程遠いのが現実です。また、原発と同じく“地方に負担を強いる”構図の沖縄基地問題、辺野古・高江の新軍事基地建設は、沖縄県民の願いを無視し、今まさに強硬に進められようとしています。

 私たちは憲法の前文と第9条の精神を基本にすえ、それを未来へ引き継ぐ社会を創造し、危険な原発をなくし再生可能エネルギーへの転換を求め、人々が安心し希望を持って暮らせる平和な社会の実現を求めて、これからも自転車を走らせて行きたいと思います。

「なくそう!原発」の旗を掲げ走る仲間たち

 参加者・賛同人募集中
 私たちと一緒に走りませんか? 小学生から70才くらいの仲間が参加しています。いつでも、どの区間でも参加できます。今年は、あなたにも“熱い夏”を。
    参加者・賛同人募集用紙 (PDF形式 480KB)

 ピースメッセージ募集中
 私たちは全国の仲間と共に、8.6ヒロシマ・8.9ナガサキの「原爆の日」にむけて市民の平和への想い“ピースメッセージ”を携え自転車で走ります。
 また沖縄県では地返還もかなわない中、危険なオスプレイが普天間米軍基へ配備されている沖縄県知事へもピースメッセージを届けます。
 是非、あなたの“ピースメッセージ”を私たちに託して下さい。
    ピースメッセージ用紙 (PDF形式 852KB)

 参加者のみなさんへ
 詳細な走行スケジュール、注意事項、参加費・宿泊費等をまとめてあります。
    参加者のみなさんへ (PDF形式 881KB)

 楽しく安全なサイクリングのために
 参加にあたって、特に確認の要する事項を承諾していただく書類です。参加の方は全員提出していただきます。
    楽しく安全なサイクリングのために (PDF形式 274KB)

どなたでも参加できます!
参加申込みの 一次〆切は 7月4日、最終〆切は7月16日。お申込みはお早めに!
    問い合わせ先: peace.cycle@gmail.com
 

柏崎原発で「ピースサイクル新潟」のみなさんと合流

 7月26日(土)
○長野市松代町→新潟県上越市新井 行程:74.4km
 第二次世界大戦末期、沖縄では住民を巻き込む地上戦の惨状が繰り広げられる中、天皇中心の国体護持を維持するために、多くの朝鮮労働者をはじめ人民が動員させられ掘られた「松代大本営」跡を出発し、県境の坂道を登り新潟県妙高市まで走ります。 
 
  ・距離:74.4km
  ・最大標高差:498m
  ・平均斜度
   全体:-0.1% 上り:3.5% 下り:3.3%
  ・獲得標高
   上り:603m 下り:656m


 7月27日(日)
○新潟県妙高市→柏崎市 行程:69.9km 
 2011年の「東日本大震災」では多くの犠牲者が出てしまいました。それに追い討ちをかける福島第一原発の人災は、政府の見解に関わらず収束とはかけ離れた現実があり、多くの市民がいまだに故郷を離れ不自由は生活と、健康への不安に脅かされています。
「核と人類は共存できない!」今回の事故は私たちにとって多くの事を教えてくれました。“脱原発”を訴え、東洋一の原子力発電所と言われる柏崎刈羽原子力発電所を目指し走ります。
 
  ・距離:69.9km
  ・最大標高差:257m
  ・平均斜度
   全体:-0.3% 上り:3.8% 下り:3%
  ・獲得標高
   上り:300m 下り:449m
Posted by : peace-cycle | 長野PC | 14:10 | comments(0) | -
コメント









TOP