ピースサイクル地域ネットワークからのお知らせ
<< 2010岐阜ピースサイクル報告 | main | ピースサイクルおおいたムービーおまけつき! >>
秋葉忠利 広島市長からのメッセージ

メッセージ


 「ピースサイクル2010」に御参加の皆様が、本日無事に到着されましたことを、心からお喜び申し上げます。

 65年前、「この世の終わり」を経験した被爆者の「他の誰にもこんな思いはさせてはならない」というメッセージは、世界を変える大きな動きにまで発展してきました。昨年4月のオバマ大統領によるプラハでの「核兵器のない世界」に向けた演説以降、世界は今正に核兵器廃絶に向けて動き出しています。今年5月のNPT再検討会議では核保有国を含む全ての加盟国が核兵器廃絶に向け行動を開始することに合意しました。

 こうした世界的な流れを一層確実なものにするため、本市は、現在、全世界の4,000を超える都市が加盟する平和市長会議やこれら加盟都市の市民、世界のNGO等と連携して、2020年までの核兵器廃絶を目指し「2020ビジョン」を展開しています。2020年が大切なのは、一人でも多くの被爆者と共に核兵器の廃絶される日を迎えたいからであり、また、私たちの世代が核兵器を廃絶しなければ、次の世代への最低限の責任さえ果たしたことにはならないからです。

 2020年までの限られた時間の中、私たちに求められるのは、核兵器廃絶に取り組む各国政府の政治的意志の形成に向け、世界的な気運をさらに高めることです。そして、同時に「2020ビジョン」に基づく取組期限の設定と、核兵器禁止条約など新たな法的枠組づくりに向け努力し続けることです。

 こうした中、日本全国を自転車で移動しながら平和のメッセージを集め、広島や長崎などに届ける「ピースサイクル2010」が行われましたことは、核兵器のない平和な世界の実現を願い活動する世界の大多数の都市や市民に大きな勇気と希望を与えるものであり、関係者の皆様の長年に亘る御熱意と御尽力に対し、深く敬意を表します。

 核兵器のない世界の実現は、人類史上特筆すべき出来事になります。本市は、2020年の核兵器廃絶実現を記念する「平和の祭典」として、2020年オリンピックを招致したいと考え、現在、具体的にどのような形で実現できるのか、多くの皆様と共に検討を進めています。

 皆様には、今後とも、核兵器廃絶とオリンピック開催という二つの夢の実現に向け私たちと共に力を尽くし、行動して下さることを心から期待いたします。

 終わりに、本日お集まりの皆様の今後ますますの御活躍と御健勝をお祈りいたします。

    平成22年(2010年)8月5日
      広島市長 秋葉 忠利 印

Posted by : peace-cycle | PC広島 | 22:58 | comments(0) | -
コメント









TOP