ピースサイクル地域ネットワークからのお知らせ
<< 2010長野ピースサイクル! | main | ピースサイクル埼玉ネットは走ります。 >>
沖縄ピースサイクル2010は無事終了
おはな 6月22日(火)
 前泊の2人に続いて、広島、大阪、神奈川から参加者集合。さっそく沖縄そば店にて昼食。
 13:00 沖縄県庁を訪問、担当部署平和・男女共同参画課に県知事宛のメッセージを届けた。一時期対応のいいときもあったが、仲井真知事になってからはこんな状況が続く。メッセージ総数は35通。
 夕方から、「6.23国際反戦沖縄集会」事務局長の比嘉宏さんを交え、結団交流会。

おはな 6月23日(水)
 宿舎のホテルを9時に南部に向けて出発。街頭アピールしながら、ひめゆりの塔をめざす。

青い旗 6月23日沖縄南部へ向けスタート

 今年の参加は7名。出発前の記念撮影。元気に南部へ向けスタート。

 ひめゆりの塔前のみやげ物店「優美堂」駐車場へ11時に到着。
 11時30分からはピースウオークに参加。県の慰霊祭が行われる摩文仁にでは菅総理の来訪に抗議の集会を同時開催でややさびしい。12時に魂魄の塔で平和アピールと黙祷。

青い旗 「6.23国際反戦沖縄集会」に向けピースウオーク


 12:50からは「第27回国際反戦沖縄集会」が始まる。オープニングは海勢頭豊さんの歌に、金城実さんの踊りとにぎやかなスタート。主催者あいさつは昨年20周年も記念講演をしていただいた石原昌家沖縄国際大学名誉教授、そして、靖国訴訟団、グアムからはビクトリア・レオン・ゲレロさん、徳之島、かまどぅぐあのつどい、辺野古から安次富さん、高江から伊佐さん、泡瀬干潟を守る会、そして伊波洋一宜野湾市長で最後に高里鈴代さんの閉会のあいさつで終わった。

青い旗 集会は海勢登豊さんの歌と金城実さんでスタート


 日程上、宜野湾市への訪問が困難で伊波洋一市長へは直接手渡した。総数58通。集会後は再び那覇の宿舎のホテルを目指す。時々、通り雨の降る天気だが、無事に終了。

青い旗 集会が終わって、再び那覇へ


おはな 6月24日(木)
 やや早起きして、出発。北部名護へと一気に行く行程である。走行約75キロ。15時には辺野古へと到着した。

青い旗 6月24日、那覇から北上。名護市辺野古をめざす


青い旗 辺野古へ到着


 夕方、辺野古のテントが閉まり、宿舎へと移動。二見の民宿てるやに宿泊し、照屋さんが経営する「二見パーラー」で夕食と交流会。議会と参議院選挙中でもあり多忙な東恩納琢磨名護市会議員も合流し、交流を深めた。東恩納議員は9月に市議選を控え、何より基地移設反対派が多数を獲得し、稲嶺市長を支えなければならない。

おはな 6月25日(金)
 二見パーラーで朝食後、8時30分に自転車を積んで出発。辺野古に9時前に着き、安次富浩さんから辺野古浜で現状を聞く、鳩山元総理の裏切りで辺野古案に舞い戻ったが、「代替施設推進協議会」は解散され、辺野古区だけが誘致決議を上げている。元の事務所は「代替施設安全協議会」として復活した。全体的に空気は変わっているが、参議院選、市議選、県知事選と続く選挙は焦点になる。厳しい状況だが全力でやるしかない。

青い旗 6月25日、辺野古で安富次浩さんから現状説明


 10時、辺野古テント村を出発。テントに来ていた皆さんに見送られ、また、NHK沖縄の北部支局の記者が同行した。用意した5台のレンタサイクルで名護市街地に抜ける峠を越える。

青い旗 辺野古をスタート、名護市役所を目指す


 途中、激しい通り雨でずぶぬれになりながらも11時30分、元気に名護市役所へと到着した。市役所では稲嶺進市長をはじめとする10数人が出迎えた。

青い旗 名護市役所に到着、113通のメッセージを渡す


 稲嶺市長に113通の全国からの激励のメッセージを手渡した。稲嶺市長からはねぎらいの言葉と決意を聞き、「2010ピースサイクル」の日程を一応終了した。
 帰路につく2名を見送り、東恩納市議と昼食。選挙応援を約束し別れ、5人はオプションコースとして、一時候補に挙がった勝連半島沖の伊計島へと向かった。
 6時からはテレビでNHKのニュースを見る。ピースサイクルを大きく取り上げてくれた。

青い旗 NHK沖縄、琉球新報、沖縄タイムスが取材

 NHKの夕方のローカルニュースで紹介された

青い旗 沖縄ピースサイクル2010無事終了

 最後に毎年お世話になっている名護市議会議員の東恩納琢磨さんと記念撮影。名護市議選は今年9月。稲嶺進市長を支える辺野古新基地建設反対派の勝利が重要になる。

おはな 6月26日(土)
 勝連半島周辺の海を眺める。どこかの官房長官は「サンゴはほとんど死滅している」などと言っていたがとんでもない話である。ここも本当にきれいな海が広がり、全国のモズクの多くはここで採れる。沖縄のどこにも埋め立てて良い海はない。
 私たちはその後那覇空港へ向かい、解散しすべての日程を終了した。
 参加した皆さん、大変お疲れ様でした。メッセージをいただいた皆さん、ありがとうございました。


Posted by : 沖縄ピースサイクル | 沖縄PC | 09:10 | comments(0) | -
コメント









TOP