ピースサイクル地域ネットワークからのお知らせ
<< 2007長野ピースサイクル 雨・あめ・アメ… | main | 2007ピースサイクル 8.6広島交流会 >>
沖縄の辺野古と高江に行ってきました!
          報告者:ピースサイクル三多摩 平田一郎

 7月27日夜から31日朝まで沖縄の辺野古と高江に行ってきました。

 夏芽さんの潜水中バルブ閉め事件もあり、ただならない状況かと、辺野古実で友人と入れ替わりで辺野古と高江に行ってきました。5月中旬の掃海艦ぶんごの出動、6月中旬の台風通過、数回のジュゴンの遊泳の撮影、山内さん、糸数さん、東京での川田さんの参院選での当選、自民党の大敗しました。辺野古の新米軍基地建設をめぐり状況が大きく動いています。

 今回ぼくもおっとり刀で、シュノーケルで海につかったり、カヌーの転覆訓練もさせてもらいました。

発見! ピースサイクル号!
  発見! ピースサイクル号!

平島へ 新ゴムボート「ピース号」と「サーニー号」
  平島へ 新ゴムボート「ピース号」と「サーニー号」

 また高江では、やんばるの実に豊かな山と海と空をみて道路わきに泊り込んできました。

 高江では小さい集落のなかでも、たった四家族が子供たちを連れて、ジャングル戦闘訓練のヘリパッド基地建設を阻止し続けていました。きびしいたたかいがありました。豊かなやんばるの山々と動植物に囲まれて、これを守ろうとする人たちと、ヘビやカエルや野草をたべながら戦場をサバイバルする戦闘訓練場からいまにも海兵隊員がヌッとでてきそうな森でもありました。防衛省はあきらかに辺野古と高江を分断し、米軍基地建設の攻撃を広げてきていました。

沖縄高江-ヘリパッドNo1地区入口 おにぎりが美味しそう!
  沖縄高江-ヘリパッドNo1地区入口 おにぎりが美味しそう!

 少数のたたかいに見える辺野古と高江のたたかいですが、多くの人々の支援も目の当たりにしました。民医連の70人もの訪問団が夏芽さんを囲んで平和講座をし、辺野古の現場を実感していました。今回で1300人になるといっていました。高江では、ヘリパッド建設現場への林道入り口に一人二人で座り込み、やってくる業者に語りかけ、引き上げさせていました。

 今回、実に幸運だったのは、沖縄の人々の10万票という投票を得て当選した山内徳信さんが当選翌日に辺野古、高江をたずね、うれしさが顔いっぱいのおじいおばあたちと熱い握手をしたのを目撃できたことです。「これで金城裕治さんにうれしい報告ができる」とおばあたちは口々に言っていました。

辺野古テント 山内徳信さんの参院選当選におじいおばあ も一度ばんざ〜い!
  山内徳信さんの参院選当選におじいおばあ も一度ばんざ〜い! 本当によかった!

辺野古テント おじいおばあが ばんざい後の嘉陽のおじい
  おじいおばあが ばんざい後の嘉陽のおじい

 まだまだきびしいたたかいはつづくと思われますが、辺野古実のみなさんとともに、反動右翼の石原都政と、ぐらついた安倍政府のあしもとから、沖縄でのたたかいに連なって私たちも精一杯たたかっていきたいと思います。

 アメリカ議会で「慰安婦」被害者に明確な謝罪と補償を行えという決議があがりました。「アメリカで決議があがったから」でなく、「アメリカでさえ決議をあげたのだから」戦後そのまんまになっている戦争責任問題、在日米軍問題をいま、歴史的な問題としてたたかっていきたいと考えます。

 喜びがこぼれるような山内徳信さんと辺野古、高江の人たちの写真をお土産にできて何よりでした。CDにしてあります。

辺野古テントで 辺野古責任者の当山さん、高里さん、徳信さん喜びの握手
  辺野古テントで 辺野古責任者の当山さん、高里さん、徳信さん喜びの握手

Posted by : peace-cycle | PC三多摩 | 10:23 | comments(0) | -
コメント









TOP