ピースサイクル地域ネットワークからのお知らせ
<< 2007沖縄ピースサイクル参加者募集中 | main | 長野ピースサイクル、国会をめざす! >>
「5・13嘉手納基地包囲行動」に参加しました。
5月13日(日)から15日(火)まで沖縄に行ってきました。

 13日は15時からの「5・13嘉手納基地包囲行動」に参加、沖縄平和市民連絡会の隊列に入り、ここではかなりの人数が集まりました。

「5・13嘉手納基地包囲行動」に沖縄平和市民連絡会の隊列に入り参加。
※クリックすると画像が拡大されます
「5・13嘉手納基地包囲行動」に沖縄平和市民連絡会の隊列に入り参加

 全体で15,270人(主催者発表)と最低必要な2万人を大きく割り込み、完全包囲は実現しませんでした。労働組合の弱体化がその大きな要因のひとつでもあるようだ。
 それでも、市民隊列はにぎやかで予定を超える参加で完全につながった。

5月13日、嘉手納包囲行動。
※クリックすると画像が拡大されます
「5・13嘉手納基地包囲行動」

 包囲終了後は読谷村へ金城実さんの100mレリーフ「戦争と人間」が返還された読谷補助飛行場で、5月11日から6月24日まで行われている。これだけの場所があれば迫力がある。
 6月の本番のコースにも入れます。ぜひご覧ください。
金城実さんの100mレリーフ「戦争と人間」
※クリックすると画像が拡大されます
金城実さんの100mレリーフ「戦争と人間」

 通称「象のおり(米軍楚辺通信所)」は昨年で全面返還され、すでに解体が始まっており、これが最後である。6月には跡形もなくなっている可能性が高い。
解体中の「象のおり」
※クリックすると画像が拡大されます
解体中の「象のおり」

 夜は本番でも使う、読谷村議でもある知花昌一さんの民宿「何我舎(ぬーがや)」へ、6月21日はここでバーベキューパーティーから始まります。知花昌一さんからいろいろと話が聞ける予定になっている。民宿は定員10名ほど、ホテルも用意しています。

 14日、平和市民連絡会のメンバーとともに那覇防衛施設局への交渉に同行させていただいた。
 辺野古で行われようとしている「事前調査」がどれだけ違法か。アセス法の精神を踏みにじり、全く調査内容を明らかにしないまま、自衛隊まで導入して強行しようとしている。
 施設局は終始「この件に関しては回答できない」という不誠実さである。15日の復帰記念日あけの16日から強行ともうわさされている。

 呉基地所属の掃海母艦「ぶんご」がホワイトビーチに入ったという情報をもとに偵察に行った。「ぶんご」ではないが、米軍に燃料提供などをしている日本最大級の補給艦「おおみ」(佐世保)であった。「ぶんご」はどこかに停泊しているらしい。「おおみ」も何をしに来たのかも不明である。
日本最大級の補給艦「おおみ」
※クリックすると画像が拡大されます
ホワイトビーチに停泊する日本最大級の補給艦「おおみ」

 今回の行動の中で、多くの人と出会えた。今年の6月のイメージが出来上がった。しかし、辺野古の動向は気になる。宿泊場所も決まったが、結構宿が詰まっている。参加者に疲れを取ってもらうためにも、結構いいホテルを確保した。予算的には苦しいのですが。

 じゅごんの里の東恩納琢磨氏とも例によって夜遅くまで飲み明かした。本人も一連の防衛施設局の強行で参っている。それでも、あさって(16日)からの行動にあわせ、出動体制を調えている。

 じゅごんの里ではいろいろな行動をしてきた、防波堤のアート、平和の樹、マングローブの植樹、平和ポストの設置など、今年は足を延ばして、やんばるの森の探検も考えたがこれは来年以降の課題にしよう。
マングローブを植えた潟原海岸。
※クリックすると画像が拡大されます
マングローブを植えた潟原海岸

 最終日、やんばるの大自然中にある東村高江(ひがしそんたかえ)地域に行った。森の中で喫茶店を営む方に無理をお願いして話をすることができた。この自然豊でヤンバルクイナなどの希少生物のすむ森に新たにヘリパットを6箇所作る計画が出てきている。しかも、訓練が行われるヘリは墜落の危険が指摘され、騒音もすさまじいオスプレイが昼夜を問わず低空飛行することになる。
 自然界に影響がないわけがない。6月にはここへも訪れて話を聞きたいと思います。ただし、辺野古からでも車で1時間近くかかるので、自転車では行きません。

 今年で沖縄ピースサイクル18年目になりました。参加地域が固定されています。なかなか本土に発信されない沖縄の情報、自らの目で確かめ、各地へ発信するのも私達の大きな役割です。

 全国各地からの2007沖縄ピースサイクルへの参加を訴えます。


NEW! 辺野古から緊急情報 プシュー
http://henoko.jp/info/


Posted by : 沖縄ピースサイクル | 沖縄PC | 01:54 | comments(0) | -
コメント









TOP