ピースサイクル地域ネットワークからのお知らせ
<< 非フィリピン共産党系活動家殺害のお知らせ | main | 2006ピースサイクル三多摩の走行予定 >>
被害女性の闘いとともに米軍再編強化に反対しよう!
フィリピン・スービックでのレイプ犯・4名の米海兵隊員の責任のがれと
比米軍事訪問協定(VFA)許さない!
被害女性の闘いとともに米軍再編強化に反対しよう!


被害女性が訴え---裁判が進行中

 フィリピン・スービックで昨年11月1日、22才女のフィリピン女性が4人の海兵隊員(沖縄駐留第31海兵隊遠征軍)によるレイプ被害を受けた。被害女性は勇気をもって立ちあがり、重大な犯罪として訴えています。

フィリピン司法当局に逮捕させず、米大使館で犯人保護
 4人の被告米兵は在比アメリカ大使館に保護されており、犯行そのものを否定し、4月28日マカティ地裁の罪状認否では証言そのものを拒否しました。米軍はこの4名の海兵隊犯罪者たちを保護し、比米軍事訪問協定(VFA)により1年間でフィリピン外に逃がそうとしています。これに対して原告弁護団とスービックレイプ被害者支援団(スービック・レイプ・タスクフォース)は犯罪米兵のフィリピン司法による拘留を要求し、比米軍事訪問協定(VFA)は憲法違反であると訴えています。


詳細はこちら(PDF形式)をご覧下さい。
Posted by : ピースサイクル三多摩 | PC三多摩 | 11:22 | comments(0) | -
コメント









TOP