ピースサイクル地域ネットワークからのお知らせ
つくろう 戦争のない世界を! 〜ピースサイクルへのご招待〜
つくろう 戦争のない世界を!  守ろう 未来の環境!
  〜ピースサイクルへのご招待〜


ヒロシマ・ナガサキ・六ヶ所めざして
  沖縄からスタート


 ピースサイクルは、自転車を使って全国を走る平和運動です。毎年6月から8月にかけて、沖縄をスタートしてヒロシマ・ナガサキ・六ヶ所村に向けて、日本全国をサイクリングしながら核兵器の廃絶をはじめ平和・環境・人権に関することをアピールしています。
 ピースサイクルは、1986年に大阪の郵便局で働く青年たちが「身体を使って平和を表現したい」と、8月の広島での原水爆禁止大会を目指して自転車で走ったことから始まりました。それまでも、平和行進やリレーマラソンで広島・長崎まで向かう運動がありましたが、新たに自転車の運動が加わったことになります。
 さらに、2005年から「国会ピースサイクル」として、3月から6月にかけ、憲法9条改憲を許さない行動を中心とした国会に向かうピースサイクルも取り組まれています。


PC一口解説
●ピースサイクル
 ピースサイクルという名称は、ピースとサイクリングをかけ合わせた造語です。マレーシアの中国語新聞では「和平行脚車」と紹介されていました。また「PC」は、ピースサイクルの略語です。


人と地域を結んで 自転車が走る
 基地も原発のいらない社会を!


 ピースサイクルは、自分の住む町から隣の町へ、自分の住む都道府県から隣の都道府県へと、平和のメッセージを伝達しながら走ります。
 一日の走行距離は、短いところで約30キロ、長くて90キロほどです。中には、夏休みを利用して、東京から広島・長崎まで走破する中高生や市民もいます。
 その途中で、自治体や基地、原発関連施設に立ち寄ります。自治体には非核都市宣言や平和行政の申し入れ、自治体の首長からピースメッセージを受け取ります。
 また憲法9条に反して私たち市民の生活とアジアの民衆を脅かしている自衛隊基地や米軍基地、大事故を繰り返す原発施設に対しても、抗議と申し入れを行っています。


平和みんなの願い
 誰でも気軽に参加


 ピースサイクルには、平和・環境・人権を大切にしたいと願う人々が、世代を超えて参加しています。小学生から80歳を超えた高齢者まで、もちろん、女と男の性差も関係ありません。
 ピースサイクルは、誰でも参加できるようにと、自転車のスピードは一番遅い人に合わせて走ります。みんなで励ましあいながら、力を合わせて目的地に向かいます。
 夜は、お楽しみの交流会がもたれます。走り終えた壮快感に加えて、ビールのうまさは格別です。地元の人々と平和や環境・人権について語り合い、意見を交換しあって、ネットワークを広げていくのもピースサイクルの大きな役割です。


平和と環境の危機
 人類が地球上で生存できるために


 今、人類は平和と環境の危機から、この地球上で生存できなくなる危機的な状況に置かれています。
 米国はイラク戦争に見られるように世界中でいつでも戦争ができる世界戦略を進めています。日本政府は、日米同盟によって、戦争ができる国家作りを進め、憲法9条の「改正」をめざしています。
 地球環境は今、最大の危機に瀕しています。北極の氷は薄くなり、各地にハリケーンや台風などの被害がもたらされています。こうした異変は地球の温暖化(高温化)が原因と言われています。上がり続ける気温のために、地球体系が激変し、植物や動物たちは絶滅の危機にさらされています。この傷ついた地球を救うために、私たちは今何をしなければならないのでしょうか。
 ピースサイクルは、平和と環境を大きなテーマに、多くの人々と連携し、各地域から小さな行動を積み重ねていきたいと思います。


PC一口解説
●地球温暖化
 地球温暖化は、二酸化炭素や、熱を覆うその他のガスが地球の大気中に放出されることによって起きます。ガスは、厚い毛布のような役割を果たして太陽熱をため込み、地球の温暖化を招きます。


ピースサイクルは 走るメッセンジャー
 ピースメッセージを届けます


 ピースサイクルの取り組みの一つに、各地域からピースメッセージを集めて、広島や長崎、沖縄、六ヶ所などに届けることがあります。
 できるだけ多くの人に自転車で参加していただきたいのですが、そううまくいきません。参加できない人、広島や長崎まで行けない人には、ピースメッセージを書いてもらい、ピースサイクルが責任を持ってそれぞれの首長に届けています。メッセージを届けますと、広島市からは返信のメッセージが届きます。
 広島市長や長崎市長にメッセージを送る機会なんてめったにありません。被爆都市の市長さんに手紙を書いてみましょう。国会ピースサイクルでは、首相にもメッセージを届けています。
 ピースサイクルは、到着地までみなさんの平和の想いを届けます。


〜「ピースサイクル リーフレット」より、抜粋〜

Posted by : peace-cycle | ピースサイクルについて | 12:40 | comments(2) | -
TOP