ピースサイクル地域ネットワークからのお知らせ
2016長野ピースサイクル

戦争法廃止!

2016長野ピースサイクル

 今年も、戦争法の廃止を訴え、非核平和の想いをつなげます。

 

 参加者・賛同人募集中
どの区間でも参加できます。今年は、あなたにも“熱い夏”を。
 参加者・賛同人募集用紙 (PDF形式 437KB)

 ピースメッセージ募集中
私たちは全国の仲間と共に、8.6ヒロシマ・8.9ナガサキの「原爆の日」にむけて市民の平和への想い“ピースメッセージ”を携え自転車で走ります。
また辺野古基地建設で戦っている沖縄県知事へもピースメッセージを届けます。
是非、あなたの“ピースメッセージ”を私たちに託して下さい。
 ピースメッセージ用紙 (PDF形式 718KB)

 参加者のみなさんへ
詳細な走行スケジュール、注意事項、参加費・宿泊費等をまとめてあります。
 参加者のみなさんへ (PDF形式 703KB)

 楽しく安全なサイクリングのために
参加にあたって、特に確認の要する事項を承諾していただく書類です。参加の方は全員「承諾書」を提出していただきます。
 楽しく安全なサイクリングのために (PDF形式 271KB)
 

2015長野ピースサイクルのコース


 7月23日(土)
○長野市松代町→新潟県上越市新井 行程:74.4km
第二次世界大戦末期、沖縄では住民を巻き込む地上戦の惨状が繰り広げられる中、天皇中心の国体護持を維持するために、多くの朝鮮労働者をはじめ人民が動員させられ掘られた「松代大本営」跡を出発し、県境の坂道を登り新潟県妙高市まで走ります。 

・距離:74.4km
・最大標高差:498m
・平均斜度  全体:-0.1% 上り:3.5% 下り:3.3%
・獲得標高  上り:603m 下り:656m

 7月24日(日)
○新潟県妙高市→柏崎市 行程:69.9km 
2011年の「東日本大震災」での福島第一原発事故では、多くの市民がいまだに故郷を離れ不自由は生活と、健康への不安に脅かされています。
「核と人類は共存できない!」今回の事故は私たちにとって多くの事を教えてくれました。“脱原発”を訴え、東洋一の原子力発電所と言われる柏崎刈羽原子力発電所を目指し走ります。

・距離:69.9km
・最大標高差:257m
・平均斜度  全体:-0.3% 上り:3.8% 下り:3%
・獲得標高  上り:300m 下り:449m

どなたでも参加できます!
参加申込みの最終〆切は7月8日。お申込みはお早めに!
 問い合わせ先: peace.cycle@gmail.com
 

Posted by : peace-cycle | 長野PC | 12:34 | comments(0) | -
2015長野ピースサイクル
被爆70年、想いをつないで…
2015長野ピースサイクル

ヒロシマ・ナガサキで世界で始めての核兵器が使われてた、あの惨状から今年で70年となります。全世界の人々が願う核兵器廃絶の言葉は各国首脳の発言、国際政治の中から聞かれなくなってしまいました。
同じく70年前の沖縄戦で県民の4人に1人が犠牲となった沖縄県では、名護市長・沖縄県知事・衆院小選挙区の全ての選挙で辺野古新基地建設反対の「オール沖縄」の民意が示されたのにもかかわらず、安倍政権はアメリカにコビを売り強引に建設を進め、それに対し沖縄県民や支援者が現在も戦っています。
そして今国会では、憲法違反である昨年の集団的自衛権行使の閣議決定を具体化する「戦争法案」が審議されています。もはや自民党内に“政治家”は無く、衆議院議員290名・参議院議員114名の計 405名中、保守本流の伝統さえも村上誠一郎衆院議員の他には見当たりません。また連立を組む公明党は「平和の党」と名乗るのは言語的に間違いです。(そういえば最近言わなくなった?)日本語を間違える人たちに私たちの生活を委ねる事は出来ません。

ということで、今年は“被爆70年”に想いをつないで…、怒りの「長野ピースサイクル」を走らせます!
参加者・賛同者・ピースメッセージ大募集!

 参加者・賛同人募集中
私たちと一緒に走りませんか? 小学生から70才くらいの仲間が参加しています。いつでも、どの区間でも参加できます。今年は、あなたにも“熱い夏”を。
    参加者・賛同人募集用紙 (PDF形式 479KB)

 
ピースメッセージ募集中
私たちは全国の仲間と共に、8.6ヒロシマ・8.9ナガサキの「原爆の日」にむけて市民の平和への想い“ピースメッセージ”を携え自転車で走ります。
また辺野古基地建設で戦っている沖縄県知事へもピースメッセージを届けます。今年は。安倍首相へ“怒り”のメッセージも届けちゃいます!
是非、あなたの“ピースメッセージ”を私たちに託して下さい。
    ピースメッセージ用紙 (PDF形式 868KB)

 
参加者のみなさんへ
詳細な走行スケジュール、注意事項、参加費・宿泊費等をまとめてあります。
    参加者のみなさんへ (PDF形式 821KB)

 
楽しく安全なサイクリングのために
参加にあたって、特に確認の要する事項を承諾していただく書類です。参加の方は全員「承諾書」を提出していただきます。
    楽しく安全なサイクリングのために (PDF形式 274KB)
 
2015長野ピースサイクルのコース

 7月25日(土)
○長野市松代町→新潟県上越市新井 行程:74.4km
第二次世界大戦末期、沖縄では住民を巻き込む地上戦の惨状が繰り広げられる中、天皇中心の国体護持を維持するために、多くの朝鮮労働者をはじめ人民が動員させられ掘られた「松代大本営」跡を出発し、県境の坂道を登り新潟県妙高市まで走ります。 
 
・距離:74.4km
・最大標高差:498m
・平均斜度  全体:-0.1% 上り:3.5% 下り:3.3%
・獲得標高  上り:603m 下り:656m


 7月26日(日)
○新潟県妙高市→柏崎市 行程:69.9km 
2011年の「東日本大震災」では多くの犠牲者が出てしまいました。それに追い討ちをかける福島第一原発の人災は、政府の見解に関わらず収束とはかけ離れた現実があり、多くの市民がいまだに故郷を離れ不自由は生活と、健康への不安に脅かされています。
「核と人類は共存できない!」今回の事故は私たちにとって多くの事を教えてくれました。“脱原発”を訴え、東洋一の原子力発電所と言われる柏崎刈羽原子力発電所を目指し走ります。
 
・距離:69.9km
・最大標高差:257m
・平均斜度  全体:-0.3% 上り:3.8% 下り:3%
・獲得標高  上り:300m 下り:449m


どなたでも参加できます!
参加申込みの最終〆切は7月15日。お申込みはお早めに!
    問い合わせ先: peace.cycle@gmail.com
 

 
Posted by : peace-cycle | 長野PC | 22:17 | comments(0) | -
「安倍内閣の改憲暴走を許さない!九条の会集会&パレード」

長野からバスツアーで参加!

「安倍内閣の改憲暴走を許さない!
九条の会集会&パレード」


「千曲市九条の会」で、本日11月24日に日比谷公会堂で開催された「安倍内閣の改憲暴走を許さない!九条の会集会&パレード」に参加のためバスツアーを企画し、千曲市を始め長野市・小布施町・坂城町・上田市・東御市の参加者39名が参加しました。長野ピースサイクルのメンバーも2名参加してきました。

会場は2,000人が詰めかけ、入りきれない人は外の大型ビジョンで集会の様子を観ていました。

奥平康弘さんの呼びかけ

安倍首相の暴走を止めなければならないと訴える、長野県信濃町に縁のある奥平康弘さんの呼びかけ。

澤地久枝さんの呼びかけ

総選挙では沖縄県知事選を見習い、自公与党を倒すために自衛隊に戦力を使わせない一点で統一候補者を立てる必要があると思うと澤地久枝さんの訴え。

全国各地のの九条の会の取組み発表

全国各地の九条の会から、各取組の報告


 

奥平さん、澤地さん、小森さんを先頭にパレード

「九条の会」呼びかけ人の奥平さん、澤地さん、事務局の小森さんを先頭にパレード

先導車には、全国事務局の運転はHさん

ジュゴンを乗せてパレードを先導する車の運転手は、ピースサイクル全国ネットワークのHさん。

さりげなくピースサイクルの旗

さりげなく先導車の後ろに「なくそう!原発」「まもろう!9条」のピースサイクルの旗。

長野から持って行った2本の旗

そして、長野から持って行った風車付き特製「まもろう!9条」の旗。
約2,500人の市民が日比谷公会堂から、シュプレヒコールを上げながら、集団的自衛権の行使反対・秘密保護法の廃止・自衛隊の戦力行使阻止などを訴えながら銀座を通り、東京駅近くまで約2kmをパレードしました。

Posted by : peace-cycle | 長野PC | 23:46 | comments(0) | -
想いをつないで…
2014長野ピースサイクル

 7月26日(土)〜27日(日)にかけ、「2014長野ピースサイクル」参加者18名が、長野市松代町〜新潟県柏崎市まで駆け抜けました。
長野市松代町を出発する「2014長野ピースサイクル」

 長野ピースサイクルの一日目は、毎年お世話になっている須坂市の「市民エネルギー資料室」のみなさんから激励をいただき、飯綱町では国労OBのみなさんがお昼の休憩場所の提供と激励をいただきました。
須坂市「市民エネルギー資料室」のみなさんと

 午後はここ数年夕立ちと雷にあうズブ濡れの走行でしたが、今年は本当に久しぶりの“熱い”ピースサイクルとなりました。
“熱い”中を走る
飯綱町にて国労OBのみなさんと

 宿では、沖縄に配備され飛行訓練の全国展開が検討されているオスプレイのビデオ上映、交流会では参加者同士の親睦を深めました。
「さぁ!登りだ!」 

 二日目は、台風10号から変わった低気圧から延びる前線の影響で朝から雨降り。空模様を気にしながらの出発でしたが、本降りにはならず小雨もお昼前には止み順調に…。と思いきや、昼食予定の食堂が跡形もなく無くなっている!慌てて近くの食堂を検索(つくづく便利な時代…)し難を逃れる事に。
 予定より少し早く東京電力柏崎刈羽原発直前の坂道を駆け上がり、一足先に到着した「ピースサイクル新潟」の仲間が拍手で迎える中、全員が無事に到着しました。
柏崎原発にて、新潟の仲間と

 新潟と合同で、東京電力に対し原発からの撤退を申入れを実施し、2014長野ピースサイクルは無事終了しました。
まだ、8.6ヒロシマ・8.9ナガサキへ向け全国の仲間たちが走り続けます。無事にみんなの想いが届くことを願ってやみません。

 2014長野ピースサイクル スライドショー
 
Posted by : peace-cycle | 長野PC | 14:07 | comments(0) | -
閣議決定 目前!? 政府 なりふり構わず
これからの日本を
地方の声を無視する人に任せて良いのか?

 
 集団的自衛権の行使容認への閣議決定に向けた動きに対し、長野県議会も「丁寧な議論を」の意見書を、昨日全会一致で可決。27日現在、県内77の市町村のうち35議会が「反対」、他10議会が「慎重審議」を求めています。
 

 しかし、高村副総裁は事もあろうに「地方議会も日本人であれば勉強してほしい」と発言をしました。地方議会は住民の将来の平和と安全が、黙っていては脅かされると判断し意見を上げているのに、この言いぐさは何なのか?私も言いたい「国を預かる政治家たるもの、平和のため戦争を回避するための努力をするのが究極な仕事だ」と。
 

 一方、安倍首相は「公明党を切っても、内閣支持率が下がっても絶対に(閣議決定)やる」と言い始めました。公明党執行部はこれに浮き足立ち“限定的”容認を了承するようですが、地方の意見は決して容認を許してはいないようです。先日、長野駅にて公明党の市議(?)が辻立していた内容を聞くと「集団的自衛権行使の内容は自民党の案であり、私たちは“ハイそうですか”と言う訳にはいかない」とマイクで訴えていました。「平和の党」と自称する公明党の良心に心から期待します。
 

2014/6/29 信濃毎日新聞 五面
2014/6/29 信濃毎日新聞 五面

国会議員は
地方の声を聞く気があるのか!


2014/6/30 信濃毎日新聞 35面
2014/6/30 信濃毎日新聞 35面
Posted by : peace-cycle | 長野PC | 11:58 | comments(0) | -
集団的自衛権 地方の懸念拡大
長野県内、35議会「反対」意見書!

 安倍内閣が進める集団的自衛権の行使容認について、長野県内では77市町村のうち実に35議会が「反対」の意見書を決議し、県議会においても丁寧な論議を求める内容で決議されました。
  〜 衆参両院事務局によると、行使容認に反対または慎重審議を求める両院議長宛ての意見書は、26日時点で計198件提出された。衆院は112件のうち32%に当たる36件、参院は86件のうち29%に当たる25件が長野県内の市町村議会からという。県外では、岐阜県議会が慎重な検討を求める意見書を可決するなど、全国の地方議会で憲法解釈変更による行使容認に懸念を示す声が強まっている。〜 (2014/06/27付 信濃毎日新聞)
   地方の議員たちも、さすがに「アブナイ!」と声を上げ始めています! 私たち市民も、もっともっと声をあげて集団的自衛権の行使容認を許さない行動を起こしましょう!
Posted by : peace-cycle | 長野PC | 23:07 | comments(0) | -
2014長野ピースサイクル
 想いをつないで…     
「2014長野ピースサイクル」
参加者・賛同人・ピースメッセージ大募集!

 平和への“想いをつなげよう”と1991年から始まった「長野ピースサイクル」もおかげさまで24年目を迎えます。この間、とても多くの方々のご参加、ご支援をいただき支えられてきました。本当にありがとうございます。
須坂市「市民エネルギー研究所」にて
須坂市「市民エネルギー研究所」にて激励とピースメッセージをいただきました。

 いま日本は大きな岐路に立たされています。安倍首相は、戦争放棄を謳った憲法9条の改憲が難しいとみるや、改正手続きを定めた96条の変更へ方向転換したものの、立憲主義を無視した発言に改憲推進派の憲法学者からも反対され断念。次は戦後一貫して認められて来なかった憲法9条の戦争放棄と相反する“他国の戦争を買って出る”集団的自衛権の行使を閣議決定だけで容認しようとしています。

飯綱町では、大学生で参加したOGが家族と一緒に応援に駆け付けてくれました。

 日本を襲った東日本大震災と原発災害は3年以上経った現在でも被災地の復興も思う様に進まず、原発事故においては現場の状況すら把握できず、政府の言う「収束」には程遠いのが現実です。また、原発と同じく“地方に負担を強いる”構図の沖縄基地問題、辺野古・高江の新軍事基地建設は、沖縄県民の願いを無視し、今まさに強硬に進められようとしています。

 私たちは憲法の前文と第9条の精神を基本にすえ、それを未来へ引き継ぐ社会を創造し、危険な原発をなくし再生可能エネルギーへの転換を求め、人々が安心し希望を持って暮らせる平和な社会の実現を求めて、これからも自転車を走らせて行きたいと思います。

「なくそう!原発」の旗を掲げ走る仲間たち

 参加者・賛同人募集中
 私たちと一緒に走りませんか? 小学生から70才くらいの仲間が参加しています。いつでも、どの区間でも参加できます。今年は、あなたにも“熱い夏”を。
    参加者・賛同人募集用紙 (PDF形式 480KB)

 ピースメッセージ募集中
 私たちは全国の仲間と共に、8.6ヒロシマ・8.9ナガサキの「原爆の日」にむけて市民の平和への想い“ピースメッセージ”を携え自転車で走ります。
 また沖縄県では地返還もかなわない中、危険なオスプレイが普天間米軍基へ配備されている沖縄県知事へもピースメッセージを届けます。
 是非、あなたの“ピースメッセージ”を私たちに託して下さい。
    ピースメッセージ用紙 (PDF形式 852KB)

 参加者のみなさんへ
 詳細な走行スケジュール、注意事項、参加費・宿泊費等をまとめてあります。
    参加者のみなさんへ (PDF形式 881KB)

 楽しく安全なサイクリングのために
 参加にあたって、特に確認の要する事項を承諾していただく書類です。参加の方は全員提出していただきます。
    楽しく安全なサイクリングのために (PDF形式 274KB)

どなたでも参加できます!
参加申込みの 一次〆切は 7月4日、最終〆切は7月16日。お申込みはお早めに!
    問い合わせ先: peace.cycle@gmail.com
 

柏崎原発で「ピースサイクル新潟」のみなさんと合流

 7月26日(土)
○長野市松代町→新潟県上越市新井 行程:74.4km
 第二次世界大戦末期、沖縄では住民を巻き込む地上戦の惨状が繰り広げられる中、天皇中心の国体護持を維持するために、多くの朝鮮労働者をはじめ人民が動員させられ掘られた「松代大本営」跡を出発し、県境の坂道を登り新潟県妙高市まで走ります。 
 
  ・距離:74.4km
  ・最大標高差:498m
  ・平均斜度
   全体:-0.1% 上り:3.5% 下り:3.3%
  ・獲得標高
   上り:603m 下り:656m


 7月27日(日)
○新潟県妙高市→柏崎市 行程:69.9km 
 2011年の「東日本大震災」では多くの犠牲者が出てしまいました。それに追い討ちをかける福島第一原発の人災は、政府の見解に関わらず収束とはかけ離れた現実があり、多くの市民がいまだに故郷を離れ不自由は生活と、健康への不安に脅かされています。
「核と人類は共存できない!」今回の事故は私たちにとって多くの事を教えてくれました。“脱原発”を訴え、東洋一の原子力発電所と言われる柏崎刈羽原子力発電所を目指し走ります。
 
  ・距離:69.9km
  ・最大標高差:257m
  ・平均斜度
   全体:-0.3% 上り:3.8% 下り:3%
  ・獲得標高
   上り:300m 下り:449m
Posted by : peace-cycle | 長野PC | 14:10 | comments(0) | -
2014 正月に想う
母の日記

  今日、お正月で実家へ行きご馳走になり、兄弟家族も集まり賑やかに過ごしてきた。父は3年前に亡くなり、大正15年(1925年)生まれの母は88歳の今でも元気だ。毎日、B5のノートにその日あった事などギッシリに日記を書くのが日課になっている。そんな母が話しの中で「せんだって(先日)、ごうがねぇ(気に食わない、腹が立つ)事があったから、日記に書いただ!」と言って、12月8日の日記を開いて読み始めた。その内容がすごかったので紹介したい。
2013.12.08 母の日記
2013年12月8日の母の日記
 
2013.12.8 母の日記より

  大東亜戦争の始まった日だ。国民をだまかして…あれから72年。今また国会では大騒ぎ、国民が反対する秘密法案が成立した。先が案じられる。無理な法案はダメだ。
  あれから何年、真珠湾攻撃 恐ろしい事だった。あの時は皆、日本が正義だと思い一億団結で頑張る事を決意したが今になって国民はだまされていた。あの戦争のお蔭でどれ程悲惨な思い、尊い若い人の命が失われた事か…。
  悲しい思いをした忍耐に忍耐を重ね涙した人は大体死んじゃって残った者は僅か、悠久の平和を願って死んで行った。戦後9条が出来、戦争はしない秘密の無い平和な生活が出来る様になって、日本は世界一いい国だと自負していたが…。
  この頃、テレビ新聞で9条を変え、憲法までも変えようとしている。国民の知る権利をも出来なくなる様だ。国会議事堂、各地で大勢の人達が反対しているのに…無視して何たる事か…先が案じられる。怖い事が起こる気配がする。田舎の老婆が何を思っても仕方ない事だけど、昔あの時だまされて命がけで頑張ったから一言いわせてもらったと言う訳…。

  ここにも“怒り心頭”の人がいた。我が母ながら“すごい!”と思った。まさかその2日前、息子がその国会周辺で秘密保護法案に抗議しているとは思っていなかった様だが…。
 
~元旦の信濃毎日新聞から~

  元旦から地方紙の信濃毎日新聞は素晴らしい記事が多くあったので、ぜひ紹介したい。 
 
   信濃毎日新聞の主筆:中馬清福さんの、「考」というシリーズが第3次小泉内閣時代の2005年4月から丸8年、日曜の1面左1/3程度に掲載されている。大手新聞では決して一面に掲載されない様な内容だ。地方新聞マスメディアのジャーナリズム精神の健全さを大いに垣間見る事ができる。中馬清福さんは長野県内のリベラルな論客として県内の九条の会などで講演などもされている。
     
Posted by : peace-cycle | 長野PC | 01:56 | comments(0) | -
やりたい放題!でも思い通りにはさせない!
安倍首相、靖国参拝

 安倍首相が、悲願の靖国神社参拝を実行した。特定秘密保護法の成立、辺野古埋立申請の承認、そして韓国軍への弾丸供与など、私たち国民のそれぞれ個々の批判を浴びるタイミングを与えない戦術で、やりたい放題だ!
 安倍首相は、竹島・尖閣問題などで、“嫌韓・嫌中”をあおり、今のタイミングを選んだのだ!私たち国民はそんな手に踊らされず、問題点をしっかり押さえ批判をし思い通りにさせない行動が求められている。  
仲井眞沖縄県知事、辺野古埋立承認!

 仲井眞沖縄県知事が辺野古の埋立申請をついに承認した。同時に地元の名護市長選の1ヶ月前の承認で、埋立推進派候補も一本化された。仲井眞知事は、政府与党の提案を「思いもよらない素晴らしい内容」と絶賛し、「これで良い正月を迎えられる」と発言。その内容は「アメリカと協議をする」という努力目標でしかなく沖縄県民の長年の悲願からはほど遠いモノと言わざる負えない。それでいて知事は「普天間基地の県外移転の主張は変わらない」という支離滅裂な事を言って、県民からの批判をかわそうとしているが、そんな都合良くはいかない。  
思い通りにさせない!
「秘密保護法」忘れない!

 安倍首相の矢次早の姑息な手法に負けないための方法の一つ、「特定秘密保護法」を“過ぎてしまった”のモノとせず、まだまだ問題を突っ込み、廃止まで持っていきましょう!
 12/29付の「信濃毎日新聞」4面には「特集 特定秘密保護法」題し一面に記事が掲載されています。女優:大竹しのぶさんの記事は必見。“倍返しだ!”という言葉が流行りましたが、国民もやられっぱなしではないぞ!
Posted by : peace-cycle | 長野PC | 18:54 | comments(0) | -
仲井眞知事、金で“沖縄”を売り渡すのか!
なぁに〜!
辺野古埋め立て承認だとぉ!? 

1995年に起きたアメリカ軍兵士による少女暴行事件をきっかけに、沖縄への米軍基地負担軽減として'96年4月、日米が普天間基地全面返還に合意してから18年。いつの間にか「全面返還」が「県内移転」となってしまった。内実は老朽化して手狭な世界一危険な基地をやめて、新しい滑走路(飛行場)+弾薬庫(既存)+新しい潜水艦も着岸できる軍港(大浦湾)が一カ所の最新基地を名護市辺野古に造るという話にすりかわってしまった
しかし、安倍自民党のやり方は汚いものだ!「県外移設」を公約に当選した沖縄選挙区の自民党議員をどの様に説得(恫喝)したかは知らないが、公約を反故にし沖縄県民を裏切った議員たちの強張った顔は忘れられない。
仲井眞沖縄県知事も何を考えているのか?。安倍首相が25日に示した新たな基地負担軽減策が「驚くべき立派な内容だ」と語ったが、(1)米軍普天間飛行場の5年以内の運用停止などを検討する作業チームの設置(2)オスプレイ訓練の半分を沖縄以外で実施(3)日米地位協定を補足する新協定の対米交渉を開始する―などである。これに2021年までの毎年3000億円代の振興予算が加わる。「これで良い正月になる」と言う神経が理解できないのは私だけか?

 新基地推進派は候補を一本化し、1月に行われる名護市長選に勢いを増して来ると思うが、名護市民には「命どぅ宝」沖縄の心を現職の稲嶺市長の再選に向けてほしいと思う。私たちも全力で稲嶺さんを応援しなければ!

 今日また安倍首相がやってくれた!。靖国参拝だって。本当に国益になると思っているのか?(多分、お互いに規定する“国”の意味が違うのだと思うが…)
Posted by : peace-cycle | 長野PC | 16:47 | comments(0) | -
TOP